アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アトピー肌のおすすめ化粧水~保湿効果ランキング~ » アトピー性皮膚炎とは?デリケートな肌を守るための基礎知識!

アトピー性皮膚炎とは?デリケートな肌を守るための基礎知識!

効果的なアトピー性皮膚炎の対策を行いたいなら、アトピー性皮膚炎とはどんなものか詳しく知る必要があります。ここでは、アトピー性皮膚炎の症状や原因について紹介します。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、 皮膚にかゆみ、赤み、湿疹などが現れる というもので、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性化することが多いのが特徴です。

幼児の場合は2ヶ月以上、その他の場合は半年以上アトピー性皮膚炎が続くようなら慢性化していると判断されます。

アトピー性皮膚炎になった肌は、皮脂の分泌量が減少して乾燥しやすくなっています。湿疹は全身の様々な場所に現れますが、よく見られるのはおでこ、目の周り、首、関節の内側などで、左右対称に現れやすいです。

では、具体的にどんな症状が現れるのか見ていきましょう。

主な症状

・乾燥する
・赤く腫れる
・ドーム状に小さく盛り上がる
・かきむしることでかさぶたができる
・ただれる
・繰り返しかきむしることで皮膚が硬くなる

アトピー性皮膚炎とは?~主な6つの原因~

アトピー性皮膚炎になる原因はいくつか考えられます。自分がどれに当てはまるか考えてみましょう。

①遺伝的原因

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合は遺伝によってアトピー性皮膚炎を発症する可能性が高いです。必ずしもアトピー性皮膚炎になるとは限りませんが、アトピー性皮膚炎になりやすい肌質を受け継ぐため、発症しやすくなります。

②環境的原因

環境によってはアトピー性皮膚炎の発症を促し、症状を悪化させることがあります。例えば、ダニやハウスダストのようなアレルゲンが周囲にある場合は注意が必要です。アトピー性皮膚炎になりやすい環境になっていないか確認しましょう。

③精神的原因

ストレスなど精神的なものが原因になってアトピー性皮膚炎を発症することも少なくありません。心と体は深く結びついているため、ストレスを感じていると体調が崩れやすく、アトピー性皮膚炎が発症したり症状が悪化したりすると言われています。

例えば、睡眠不足が続く、学校や仕事での疲れが溜まる、精神的なショックを受けるといったことが原因になります。

④物理的原因(引っかく、こするなど)

引っかく、こするといった物理的な刺激が原因になることも多いです。物理的な刺激を皮膚に与えると、皮膚が傷ついてバリア機能が低下します。そのため、アトピー性皮膚炎が発症しやすくなるのです。普段から皮膚をかいたりこすったりする癖がある人は要注意です。

⑤ウィルス的原因(黄色ブドウ球菌)

黄色ブドウ球菌というのは正常な肌にも少し存在していますが、アトピー性皮膚炎を発症するとその数はとても多くなります。近年黄色ブドウ球菌についての研究が進み、 アトピー性皮膚炎の原因になるということが解明されました。

⑥食物的原因(乳幼児期)

乳幼児期には食物アレルギーとアトピー性皮膚炎が併発してしまうことが多いです。口からの摂取の他に、石けんや化粧品に含まれる食物成分を皮膚から吸収することで発症します。乳幼児のように肌のバリア機能が弱い状態では、通常なら吸収されないような大きな物質まで吸収してしまうため、発症しやすいです。

アトピー性皮膚炎とはどんな人が発症するの?

アトピー性皮膚炎にはなりやすい体質というものがあります。それは、アトピー素因というアレルギーを発症しやすい体質のことです。

例えば、気管支炎喘息や花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーのような疾患をもっている人は発症しやすいと言われています。

また、家族にこうした疾患にかかっている人がいる場合やアトピー性皮膚炎を発症している人がいる場合も体質を受け継ぎ、発症する可能性が高いです。

その他、IgE抗体というアレルギーに関する免疫物質を作りやすい体質の人も発症しやすくなります。

様々な原因や要因によってアトピー性皮膚炎を発症しますが、発症しやすい体質があるように遺伝性である確率は高いです。