アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アトピー完治のためにできること

治らない病気といわれるアトピー。実は、完治は不可能ではないのです。ここでは、アトピーを治すための情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

アトピーは完治するの?

アトピー体質の人は「身体の免疫機能が過剰に反応してしまう」つまり、アレルギーによって痒みや発疹などの症状が起きます。

症状こそ違いますが、花粉症も花粉がアレルゲンとなり、免疫機能が反応して鼻水やくしゃみなどを引き起こすので、アトピーと同じアレルギー疾患となります。

日本ではアトピーは治らない病気と言われていますが、実はドイツでは治る病気とされているのです。アトピー体質についての考え方も異なり、ドイツでは、ストレスに弱い、乾燥肌、基礎体力の弱さなどが要因と言われています。

そのため、肌を清潔にして保湿を欠かさないようにしたり、皮膚機能を強くするために光線療法、基礎体力の強化をしたりするようです。

日本でも肌の保湿や体質改善などは大切です。アトピーの治療には時間がかかりますが、しっかりとケアを続けていけば治らない病気ではありません。

実はステロイドは不必要!その理由とは

アトピーを完全に治すことができない理由の中に、「ステロイド」の存在があります。

人の身体は必要なものを吸収し、不要なものは排泄するという機能があります。その排泄がうまくできなかったり、何かによって妨げられてしまったりすると、体内に溜め込んでしまい悪循環が生まれてしまいます。

実はアトピーの症状の1つに皮膚の炎症がありますが、これは体内の不要なものを外に出すための働きをしている状態なのです。

しかし、その炎症を止めるステロイドを塗ると、排泄を止めることになります。排泄を止めてしまうと不要物が体内に溜め込まれて、再び外に出そうとした時に炎症を起こします。

この悪循環が起きるため、ステロイドの使用はアトピー完治の邪魔をしていることになります。

アトピーを治すためにはステロイドの使用をやめた方がいいですが、急にやめると症状が悪化してしまうので、徐々に減らしていくようにする必要があります。

減らしていく過程でステロイドが含まれていない軟膏を併用したり、症状が安定したら非ステロイド軟膏も量を減らしたりすることも有効的です。

時間はかかりますが、このように徐々に調整していくことで脱ステロイドを目指しましょう。

アトピー完治に向けた大切な7ステップ

ステロイドの使用を続けていても、脱ステロイドをしてもアトピーの完治は難しいです。脱ステロイド以外のことも意識しましょう。

有害物質を体外に出す

肌から不要物を出そうとすると炎症を引き起こしてしまうので、肌以外の器官から排泄する必要があります。

アトピー体質の人が便秘になると、発疹や痒みなどの症状が悪化してしまいます。便秘解消できれば不要物が便として体外に出るので、アトピー性皮膚炎の症状が良くなります。

便秘解消のためには、

  • 食物繊維を意識して食事を摂る
  • 腸周辺の筋肉を鍛えて腸が活発に動くようにする
  • 水分を積極的に摂る(1日1~2L)

これらを意識するだけでも、改善が期待できるでしょう。

腸内環境を整える

アレルゲンとなる食べ物にはタンパク質が含まれており、それを肥満細胞と結合したIgE抗体が摂取します。その後、結合したIgE抗体がヒスタミンを発生させて、痒みが出てしまいます。

腸内環境を整えることで食べ物が消化されやすくなり、タンパク質がアミノ酸に分解されるため、IgE抗体が反応せず痒みは起きなくなります。

腸内環境を良くするためには、食物繊維とオリゴ糖の摂取を積極的に行うと良いです。

食物繊維はインゲン豆、おから、ひじき、青のり、小豆などから摂ることができます。

オリゴ糖はリンゴ、バナナ、ブドウ、キャベツ、ゴボウ、タマネギ、蜂蜜、アスパラガス、味噌などから摂取することができます。

アレルギー物質を摂り込まない

アレルゲンを摂り込まないことは症状を悪化させないために大切なことですが、「水」にも注意が必要です。水道水には塩素が含まれており、これがアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる原因になります。

塩素を含まれる水を避けるために、成分表示を見て塩素が含まれない天然水やミネラルウォーターを飲み水として使用しましょう。

また、お風呂では塩素を除去するシャワーヘッドに交換し、キッチンでは簡単に取り付けられる浄水器などの使用が勧められます。

水素水は活性酸素を除去する効果があり、アトピー性皮膚炎の方には良いとされている水です。

栄養をたっぷり摂る

十分な栄養を摂ることで、体質の改善が見込めます。なるべく不要なものは避けて、栄養豊富なものを食べるようにしましょう。

特に、亜鉛はミネラルの中で最も必要になります。亜鉛が不足してしまうと肌の新陳代謝が低下してしまい、自然治癒力が弱くなってしまうのです。

栄養バランスのとれた食事に加えて、亜鉛も意識して摂るようにしましょう。

肌のバリア機能を高める

肌への負担はアトピーの症状を悪化させることになるので、石鹸や化粧品などは負担がかからないものを選び、しっかりケアしましょう。

なるべく天然成分を多く含む石鹸や、化粧品を選ぶと肌へのダメージは少なくなります。

セラミドやヒアルロン酸が配合されているものは、肌のバリア機能を高める効果もあります。

食事の摂り方に注意する

必要以上の量を食べると消化に体力を使ってしまい、アトピーを完治するための体力が奪われてしまう恐れrがあります。そのため、バランスのとれた食事を適量食べるようにしましょう。

また、化学調味料などは避けた方がアトピー体質の改善には良いです。

運動をする

運動は体質改善に最適で、身体の状態を正常にする働きをしてくれます。また、血液やリンパの流れも良くしてくれます。栄養をバランスよく摂っていれば、身体の隅々にまでしっかりと送ってくれます。

アトピー体質を改善するためには、このような何気ないことの積み重ねが重要になります。運動はアトピー治療以外のメリットが多いので、特にお勧めしたい方法です。

脱保湿はNG!

保湿をすると皮膚機能が低下すると思い、保湿ケアを止める人もいますが、これは絶対にやってはいけません。

保湿を止めてしまうと、肌が乾燥して痒みが出てしまいます。保湿することで皮膚機能が低下することはないので、ケアを止めないようにしましょう。

また、アトピー体質で保湿をしても時間が経つとか痒くなるという人は、自分に合った保湿剤を使用していないからです。自分に合った保湿剤を使用すれば、痒みを長時間抑えることができます。

心の持ち方もアトピー完治に繋がる

アトピーを完治するには、長い時間がかかります。その間、我慢できないほどの痒みに襲われることがあるでしょう。どんなに頑張っても、結果としてはっきり出てくれないこともあります。

その期間で「どうせ治らない」などのネガティブ思考になってしまうと、より症状の改善が見られなくなってしまいます。

精神面もアトピーと関係しているので、アトピー治療に関して前向きな気持ちでいることが大切です。

季節の変わり目や、環境の変化などで症状が強く出ることもありますが、そんなときでも前向きな気持ちで対策を行えば、アトピーの症状も良くなっていくでしょう。

体質改善や脱ステロイド、保湿など大変なこともありますが、アトピーは完治できない病気ではないので、毎日コツコツとケアしながら前向きに乗り切っていきましょう。

この記事の関連のページ