アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アトピーが悪化する原因とは?

アトピーは、日常生活の起こる些細な理由で悪化する恐れがあります。また、このような環境を、無意識のうちに作っているケースも少なくありません。

アトピー対策をしているにもかかわらず、症状が治まらない場合はライフスタイルを見直すことも大切です。

日常生活にはアトピーが悪化する原因が潜んでいる

アトピーが悪化する原因は、様々なところに潜んでいます。

行動による悪化

痒みが出てた時にやみくもに掻きむしったり、汗をかいても拭き取らずに不潔な状態にしたりすると、アトピーの症状を悪化させる可能性があります。

他にも、刺激が強い石鹸や化粧品などを使い続けていたり、食事からアレルゲン物質を体内に摂り入れたりしているケースも少なくありません。

アトピーとは関係ないように思うかもしれませんが、生活習慣の乱れによる寝不足や過労、ストレスも原因の一つになります。

環境による悪化

アトピーの症状悪化の原因にダニやハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛などがあります。このような環境では、どれだけ治療しても症状が良くなることはありません。

特にダニは目につきにくいですが、棲みつきやすい環境があればどこにでもいるので注意しましょう。

例えば、食べこぼしや、55%以上の高湿度といった環境を放置しておくと、ダニの格好の住処となってしまいます。カーペットや布団で大量に発生してしまうかもしれません。

このような環境に心当たりがあるのなら、まずは掃除と除湿から行うことが勧められます。

食生活による悪化

アトピーを治すためには、十分な栄養を摂ることも大切です。

しかし、大人になると、職場の人との付き合いで夜遅くまでお酒を飲んだり、脂っこいものばかりを食べたりする機会が増えてしまいます。

このような生活習慣では、身体に不要なものばかりが増えるためアレルギー症状が悪化する恐れがあるのです。

体の調子のいい日が続いても、このような環境を作ってしまうと、それが原因となりアトピーを悪化させてしまいます。

生活習慣の改善は、アトピーの治療・再発防止の双方に求められる要素なのです。

悪化の原因は季節によっても異なる

日本には四季があり、その季節によってアトピー症状が悪化する人もいるようです。季節ごとで異なるアトピー特徴や、原因についてみていきましょう。

春は、暖かく過ごしやすい季節ですが、花粉が原因でアトピーを引き起こす人もいるようです。

また、新年度ということで、歓迎会や飲み会といったイベントが多い時期でもあります。そのため、生活習慣が乱れてしまいがちです。

このような環境も、アトピーを引き起こす原因となるので要注意です。

この時期に症状が悪化しやすい人は花粉対策や、生活習慣の改善を徹底するようにしましょう。

夏は、1年で最もアトピーを引き起こしやすい季節です。

主な原因として、汗や日焼けがあります。汗は、塩分をはじめとする電解質を含んでいます。アトピーの人は、体内の好塩基球という成分が汗に反応して、痒みの原因となるヒスタミンを放出してしまうのです。

また、炎症の一種である日焼けは、刺激に敏感なアトピー肌に大きなダメージを与えてしまいます。痒みを引く起こすだけではなく、皮膚がんリスクも高まるので注意してください。

その他では、イネ科の植物から発せられる花粉によって、アトピーが悪化するケースがあります。

秋は、暑かったり寒かったりと気温の変化が激しいため、皮膚に負担がかかりやすい季節です。

そして、気候の変化によりハウスダストが増える時期でもあります。

夏に発生したダニなどが死滅すると、死骸やフンが粉化します。それにより、アトピーを引き起こしやすくなるのです。特に、普段閉めっぱなしであることが多い、クローゼットやタンスの中はハウスダストが多くなる傾向にあります。

洋服を夏物から、秋・冬物に入れ替えるためクローゼットを開閉する機会も増えます。それにより、ハウスダストが部屋に舞いやすくなるのです。

換気や空気清浄機などを導入して、綺麗な空気を保つように心がけましょう。

冬は、乾燥が気になる季節です。

アトピー体質の人にとって乾燥は、症状の悪化に繋がることは知られています。ただ、それだけではなく洗濯衣類に残った洗濯洗剤が原因になることもあります。

きれいに洗剤を落とすことができれば問題はありませんが、冬は水が冷たくて衣類に残りやすくなってしまいます。

そのため。冬は酵素無添加の洗濯洗剤を使用することが勧められます。

この洗剤なら、肌への刺激となる界面活性剤が含まれていないので、洗剤が衣服に残っても安心です。

チェックリストでアトピー悪化の原因を見てみよう

あなたが無意識のうちに習慣化していることが、アトピーの症状を悪化させてしまっている可能性があります。自分に当てはまっていないか確認しましょう。

爪のケアをしていない

アトピーは、どうしても我慢できないかゆみに襲われてしまいます。無意識のうちに掻いてしまい、肌を傷付けてしまうこともあるでしょう。

爪のケアをしていないと、このダメージが大きくなってしまいます。普段から爪を短して、形を丸く整えておくことでダメージが軽減されます。

不規則な生活を送っている

生活リズムが乱れると、十分な睡眠をとることができません。睡眠は、アトピー性皮膚炎を改善するためには欠かせません。

睡眠は、まとまった時間とる必要があります。そのためには、早寝早起きのリズムを整えて、維持するように心がけるようにしてください。

毎日排泄をしていない

普段から便秘気味、おならが臭うという人は、腸内環境が悪いかもしれません。悪玉菌の数が多いと、その毒素によって症状が悪化してしまう原因になります。

腸内環境を改善して、毎日排泄することが大切です。

週4日以上でお肉を食べている

肉ばかりを食べる食生活は、アトピー性皮膚炎に大きな影響を与えるといわれています。

食事は肉中心ではなく、魚や野菜、海藻類などをバランス良く摂るように意識することで症状の改善に繋がります。

揚げ物をよく食べている

脂の摂り過ぎは、脂肪酸のバランスが崩れてしまうため、アレルギー反応を引き起こしやすくなります。さらに、酸化した油はかゆみや炎症の直接的な原因になります。

脂質の量は、一日に摂取したカロリーの20%~30%が目安です。脂質を全く摂らないという生活をしていると、冠状動脈性心疾患になる可能性が高くなります。

摂取量が多すぎても少なすぎてもダメな脂質は、食べる量のバランスを意識することが大切です。

アトピーが悪化しやすい部位

アトピーの症状が出る部位は、日ごろからケアを念入りに行う必要があります。

体質や症状によっては、悪化しやすい部位もあるでしょう。そのような部位は、特に注意を払ってケアしなくてはいけません。

目元

目元にステロイドを塗ることに、抵抗ある人もいると思います。その時は別の軟膏で症状を抑えることもできますが、普段からしっかり保湿することも忘れないようにしましょう。

耳の付け根は、炎症やひび割れを起こしやすいです。そのため、むやみに掻きむしらないようにする気をつけましょう。

皮膚が薄く、汗で荒れやすい部位です。特に夏場に悪化しやすくなるので、汗はこまめに拭く必要があります。

背中・お尻

夏は汗をかきやすく、冬には乾燥しやすい部位です。顔とは違い隠すことができるので、かまわずに掻いてしまい跡が残りやすいです。

肘裏・膝裏

皮膚が薄くいため、汗が溜まりやすく炎症になりやすい部位です。特に膝裏はムレやすいので、夏場は通気性の良いパンツを履くなどして対策しましょう。

症状が悪化しやすい部位は皮膚が薄く、汗をかきやすい、乾燥しやすいといった特徴があるので、普段から注意深く見守るようにしてください。

この記事の関連のページ