アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

クレンジング

アトピー肌の方は、どのような点に注意してクレンジングを選べば良いのでしょうか? 選ぶ際に気を付けたいポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。また、刺激が少ないおすすめの商品も調べたので、チェックしてみてくださいね。

アトピーにやさしい!低刺激のクレンジングとは

市販にあるクレンジング剤や洗顔料には、界面活性剤や添加物などが含まれています。デリケートな肌の人には、肌への大きな負担になるため、できるかぎりクレンジング剤は控えるべきです。そのため、アトピー肌の人は、石鹸で洗い流せる程度のメイクにし、クレンジング剤を使わずに済ませるよう心掛けましょう。

しかし、どうしてもメイクが必要な時もあるはずです。そんなときのために、押さえておきたいポイントがいくつかあります。まず、水洗いできるクレンジング剤は低刺激のものを選ぶこと。また、オイルやコールドクリームタイプのクレンジング剤は、界面活性剤が含まれていないものを選びましょう。界面活性剤は、メイクや汚れを落としますが、それと共に、皮脂や角質層の細胞まで洗い流してしまうからです。

また、洗顔する際には、肌への「摩擦」に注意が必要です。肌をこすると、物理的に角質層へダメージを与えてしまい、肌のバリア機能や水分保持力が低下する恐れがあります。肌を直接こすることを防ぐために、洗顔料はしっかり泡立てておきましょう。オイルやコールドクリ-ムタイプは、たっぷり使うようにすることで、手と肌の間のクッション性を高めることにつながります。

まずは、どのクレンジングもサンプルから試してみるといいかもしれません。肌との相性が合うかどうか、きちんと確認してから使うようにしましょう。

オリーブ油配合・瑠璃香(るりか)

クレンジング 瑠理香(るりか)美肌づくり研究所から出ている「瑠璃香クレンジングオイルB」は、酸化に強い高度精製のオリーブ油を使用したクレンジングです。もちろん、肌への負担が大きい界面活性剤は入っていないので、優しくメイクを落とすことができます。

最大の特徴は、まるで美容液のような使い心地。汚れをきちんと落としながら肌に必要なうるおいはしっかり守ってくれます。洗い上がりが少しヌルッとしているため、最初は戸惑うかもしれません。

しかし、使い続けるうちに適正な油分量の肌になるので、ヌルつきもほとんど気にならなくなります。汚れが残りやすい小鼻の頭などは、クレンジングを乗せて指でくるくるとなじませると効果的ですよ。

こすらずスッキリ・アトレージュ

クレンジング アトレージュ日本ジョセフィン社から出ている「アトレージュADマイルドクレンジング」。弾力のあるジェルがメイク汚れや毛穴の黒ずみを絡めとり、肌に負担をかけずに落とすことができるクレンジングです。

植物由来の成分は肌に優しく、しかも軽くなじませるだけで汚れを浮かし、ぬるま湯で洗い流すとスルンと落ちます。こする必要がないので、刺激に弱い敏感肌の人でも使いやすいのです。

また、アミノ酸系の保湿成分と美肌成分(ハマメリスエキス、ダイズエキス)が肌にたっぷりのうるおいを与えるため、洗い上がりはしっとり・つるつる。アトピーの大敵である乾燥を防いで、肌を健やかに保ってくれます。

アトピー肌さん向けのおすすめアイテム「化粧水編」もチェック>>

この記事の関連のページ