アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アルコールフリーを選ぼう

アトピー肌に大敵の化粧水は、アルコールが含まれたものです。

アルコール含有の可能性がある商品に注意

アトピーの肌の人が化粧水を選ぶときには、アルコールの有無に注意しなければなりません。化粧水の表示成分をよく確認して、アルコールの入っていない、アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう

最近では、肌に刺激となりやすい成分は最初からのぞいてあるとうたった化粧水も増えてきています。そういった商品は、目立つようにアルコールフリーや鉱物油フリー、パラベンフリーなどと表示されているものもあります。

このように、アルコールだけではなく、防腐剤であるパラベンも避けたほうがより肌のためになります。パラベンの他にも、メチルパラベンやプロピルパラベンなど、いろいろな防腐剤が化粧品には配合されていることが多いので、自分でよく化粧水の表示をみて、刺激の強い防腐剤の入っていない商品を選びましょう

オイルに関しても、鉱物油の入ったものよりも、なるべく自然由来のオイルを使用しているものが好ましいです。

なかでも、オーガニック栽培のオイルでしたら、より高品質だと言えます。アルコールと書かれていなくても、植物エキスを抽出する際にアルコールが使われている場合もあるので、最初に使用する際には、目立たない場所でパッチテストをして、慎重に肌の様子をみながら使用することが大切です。

塗った直後にスッとした涼感とともにすぐ蒸発するようなら、アルコールが含まれている可能性が高いです。塗った部分に触れてみて、さらさらと乾燥しているような手触りとなった場合は、その商品を避ける方が無難です。

アトピーの肌の人は、肌が乾燥してしまっているので、良質な化粧水を使って、たっぷりと保湿をしてあげることを心がけましょう。お風呂上りには、アトピー肌も肌がやわらかくなって、水分も吸収しやすくなっているので、お風呂上りに化粧水を手に取って肌になじませましょう。

または、コットンパフを使ってたっぷりとしみこませた化粧水を、やさしくパッティングしながらなじませる方法もあります。

この記事の関連のページ