アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

効果を高める使い方

アトピー肌さんのための化粧水の使い方のポイントを解説しています。肌を傷めずにスキンケアする方法をおさらいしておきましょう。

アトピー肌さん向け化粧水の正しい使い方

  1. 使用量は化粧水によって異なるので、説明書を参考にして必要量を手に取る。この時、あらかじめ手をお湯につけておいたり、こすり合わせたりして温めておくと良い。
  2. 手のひらで顔の全体にさっと馴染ませる。その後、乾燥しやすい目の周りやフェイスラインを優しく押さえるようにして丁寧に化粧水を馴染ませる。

ポイントは、化粧水の水滴がなくなるまで、肌に押し込むようにしてしっかり馴染ませることです。皮膚の上に水滴がある状態で放置すると、その水滴が蒸発する時、肌内部の水分まで一緒に蒸発してしまうそうです。

特にスプレータイプの化粧水を使う場合は、細かい水滴が肌についたまま放置してしまいがちなので、この点に注意して下さい。

化粧水の使用量についてですが、これは説明書通りでOK。多すぎても効果がアップするわけではないようです。一度に大量に使うのではなく、乾燥を感じた時などに、こまめに必要量をつけるほうが良いようです。

また、化粧水をつける時に肌をパチパチ叩くようにしてつける方もいらっしゃるようですが、これは肌にとっては刺激になるのでアトピー肌や敏感肌は絶対NGです。赤ら顔の原因となることもあるので注意しましょう。

さらに、化粧水はコットンでつけるという方もいるかもしれませんが、コットンの繊維も肌への刺激になることがあります。コットンでゴシゴシと擦るように肌に化粧水をつけてしまうと、角層に小さな傷がつき、その部分から肌の潤いが蒸発して乾燥肌を招く場合があるようです。

通常のスキンケアでは、化粧水は手でつけた方が良いでしょう。

より肌への刺激を押さえたい場合は、スプレータイプの化粧水を使うのがおすすめです。

ミストのような細かい霧の状態で出てくるので、素早く顔全体に化粧水をつけることができますし、手で押さえる(馴染ませる)回数も少なく済むので肌に余計な負担がかかりません。

肌への馴染みも非常に良いですし、メイクの上からでも使えるので、乾燥を感じた時にサッと肌に水分補給できて便利です。

この記事の関連のページ