アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

最も重要なのは保湿

アトピーを悪化させない保湿は、化粧水の使い方を考慮することが大切です。

保湿は手順をしっかり守るのが基本

アトピー肌に最も重要なのは、肌をしっかりと保湿することです。アトピーの肌は、乾燥が進んでしまって、肌の表皮が荒れており、そこから肌が持っているはずの水分や油分が逃げていきやすくなっています。

と同時に、外からの刺激を受けやすくなってしまって、その結果、刺激を感じやすくなったり、それがかゆみにつながってしまったりします。かゆみで肌をかき壊してしまうと、さらに表皮が荒れてしまい、さらに刺激に弱い肌になってしまうという悪循環を繰り返してしまいます。

健康な肌というのは、適度な水分と油分が含まれている状態ですので、一度壊れてしまった肌を健康な状態に近づけるために、化粧水や乳液を使いながら保湿をして、健康な状態に近づけていきましょう。

まずは、保湿をする前に肌をきれいに洗浄することが大切です。肌に汚れや油分が残っていると、化粧水が浸透しにくく、インナードライを招いてしまいかねません。ですから、まずは汚れや余分な油分はしっかりと洗い流すことが大切です。

つぎに、清潔に洗浄した肌に水分を補っていきます。保湿の第一段階は化粧水ですが、この化粧水も自分に最も合った商品を使うことが大切です。少しでも刺激を感じたり、使うとかゆくなってしまうという化粧水は、肌に合っているとはいえません。

化粧水を使うと、肌がほっとして、喜んでくれているかをしっかりと見極めましょう。間違った化粧水をつかってしまうと、むしろ肌をより悪化させてしまうことになるので注意が必要です。

水分を蓄えた肌に、つぎはクリームで蓋をしていきます。アトピーの肌は、水分が逃げやすくなってしまっているので、しっかりとクリームを塗るところまで終えて、はじめてしっかり保湿されたスキンケアが完了したことになります。

この記事の関連のページ