アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アトピーとリンパ液の関係

アトピーの人にとって、リンパ液は深刻な悩みの一つです。ここでは、リンパ液を抑えるために知っておきたい基礎知識や、対処方法について解説します。

アトピーとリンパ液の関係性

そもそもリンパ液とは?

リンパ液とは、肌が炎症を起こした時に分泌される黄色がかった汁の事をいいます。たまに「膿」と間違えている人がいますが、アトピーのリンパ液は免疫反応が高まると分泌される液体なのでまったく違うものです。

皮膚が炎症すると真皮の毛細血管が膨張し、本来は漏れないはずの血漿(けっしょう)成分が血管から漏れ出してしまった状態なのです。

なぜリンパ液が出るの?

リンパ液には、傷を治すために必要な物質が含まれています。それからも分かるように、リンパ液が出るということは肌を回復しようとしている証拠なのです。

他にも、リンパ液には傷の状態に合わせて血小板や線維芽細胞、表皮細胞などが順番よく働きかけるように制御する役割もあります。

どのぐらいでリンパ液はとまる?

個人差にもよりますが、リンパ液が止まるまで早くて1ヵ月、遅くても半年以上はかかります。

アトピーのリンパ液は、正常の人と比べてかゆみが非常に強く、赤く腫れあがってしまったり、皮膚がこわばったりする症状を伴いますので、どうしても我慢ができずにふき取ってしまう人もいるでしょう。

しかし、むやみにリンパ液をふき取るのは、回復を妨げているのと同じです。早くリンパ液を止めるには、頻繁にふき取らないようにするのが大切です。

アトピー完治へのかなめ!リンパ液対策

まずはリンパ液を出し切る

リンパ液は体内の不純物を排出しているだけなので、ある程度時間が経てば自然と治まってきます。よって、リンパ液はそのまま出しておいた方が回復も早くなるのです。

かゆみが気になる場合は、ステロイドの塗り薬を使って症状を和らげる処置をするのが効果的な対策法です。リンパ液が多量に出る場合は、軽くふき取る程度に留めておいてください。

吹き出し部分を乾燥

通気性の良い衣服を着て自然乾燥させると、リンパ液を抑えることができます。

しかし、無理に乾かしてしまうと、排出しきれなかったリンパ液が体内に溜まった状態になるので、万が一皮膚が破れてしまったら再度リンパ液が多量に出てきてしまいます。

それでは悪循環になってしまいますので、なるべく自然に乾くまで待ちましょう。この回復段階を乗り切れば、後は症状を改善する方向に向かっていくだけです。

そのため、誤っても掻きむしってしまわないように注意して下さい。

抗生物質でニオイを抑える

リンパ液の分泌量には個人差がありますが、多量に出てしまうと鉄のような臭いを発します。特に夏場になると、臭いが強くなる傾向がありますので、皮膚科で抗生物質を処方してもらいましょう。

臭いを抑える方法として、リンパ液を軽くふき取って、水でしっかり洗います。その後に抗生物質を服用すれば、嫌な臭いもだいぶ落ち着きます。

どうしても気になるようであれば、一時的に対処療法を行うと良いかもしれません。

食生活を見直す

アトピーは、腸内環境を整えると症状が良くなるとされています。

腸内に潜んでいる約300種類の悪玉菌は、発がん作用や有害物質の生成、便秘などといった悪い影響を及ぼします。更には交感神経と副交感神経のバランスを乱し、アトピーのようなアレルギーが発生する副交感神経が優位になるようにするのです。

よって、悪玉菌を減らす為にも、食物繊維や乳酸菌を多く摂取するような食生活を心がけるようにしましょう。

シルクインナー着用

アトピーの場合、なるべく肌が乾燥してしまわないように対策をする必要があります。特に毎日着用するインナーはしっかり選ばなければいけません。

そこでおすすめなのがシルクインナーです。

シルク素材は保湿性や保温性が良く、何よりも肌触りが良いので、肌にダメージを与えにくいのが特徴です。自然で作られた天然の100%シルク素材のインナーであれば、締め付けによってかゆみを伴いにくいので、多くの方が使用しています。

この記事の関連のページ