アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

目の周り・まぶたのアトピー対策

まぶたのアトピーが原因で、カサカサでメイクがのらないという女性は決して少なくありません。

また、アトピー症状が落ち着いても、痒くてかいてしまうとあっという間に再発してしまうこともあるようです。このため、だんだんメイクでごまかせないほど悪化してしまうことになります。

まぶたのアトピーを治すには、きちんとした原因を知って適切な対処をする必要があります。ここでまぶたのアトピーに関する知識を身につけましょう。

まぶたは皮膚が乾燥しやすい

まぶたは皮膚のなかでも薄くてデリケートなパーツで、一般的に頬の1/3程度の厚さしかありません。

そのため、日常生活で影響する紫外線やマスカラ、クレンジングといったちょっとした刺激や疲労の蓄積がダメージになることでしょう。こうしたダメージがまぶたのコンディションを損ない、乾燥などに対する耐性が下がってしまいます。

また、まぶたは皮膚のなかでも保湿機能が弱い部分です。これは、皮下組織が薄く油分を分泌する皮脂腺も少ないため、水分を保持する能力が低いようです。こうしたことが影響し、まぶたは他の皮膚よりも乾燥しやすいのです。

アトピー体質の人はさらにまぶたの乾燥リスクが高い

アトピー性皮膚炎にかかっている人は、普通の人に比べて水分を肌にとどめる油分を調節するセラミドが普通の人の1/3程度しかありません。

また、アトピー体質の場合は、保湿成分も少ないため一層まぶたが乾燥しやすくなってしまいます。

敏感肌は肌が弱る悪循環に陥りやすい

健康的な肌と乾燥しやすいデリケートな肌では、外部の刺激から肌細胞を守るバリア機能の働きにも差があります。

特にまぶたをはじめとした皮膚は、乾燥するとその刺激から痒みを引き起こします。

乾燥した皮膚は外からの刺激に対して弱いため、かくことで皮膚が傷つき弱ってしまいます。この悪循環を繰り返すことでアトピー性皮膚炎は悪化してしまうのです。

これらのアトピー症状を悪化させてしまう、リスクのある成分も美容化粧品には存在します。特に、まぶたのアトピーに悩んでいるという人は次に紹介する成分には注意しておきましょう。

まぶたのアトピーに気をつけておきたい成分

アトピーに悩むデリケートなまぶたの方は、使用する化粧品の成分にも気を使う必要があります。

特に肌の保湿をするために使用する化粧水は、使用回数や量も多くなります。余計に乾燥がひどくなる前に、気をつけておくべき成分をチェックしておきましょう。

分類

主な該当成分

敏感肌への影響

防腐剤

エタノール、グリコール

成分の蒸発により肌に必要な水分まで奪う可能性がある

洗浄成分

(石油系界面活性剤)

ミネラルオイル、流動パラフィン、ラウレス硫酸ナトリウム

原料の石油成分が直接肌の奥まで浸透する

合成殺菌成分

イソプロピルメチルフェノール、トリクロサン

殺菌成分が肌の奥まで浸透して刺激を与える

アトピーの人にとっては、他にも合成香料/着色料や合成ポリマ―といった成分は炎症といった肌トラブルの原因につながります。

化粧品を選ぶときは、トラブルが怒らないように注意しておく必要があるでしょう。特に、化粧水の場合は、箱やボトルに表記されている成分表を必ずチェックするのがおすすめです。

まぶたのアトピーに悩む人がクレンジングを選ぶポイント

自分のまぶたの状態に合わせてスキンケアを丁寧にすることで、見違えるように症状は良くなっていきます。

アトピーを改善していくポイントは適切な洗浄と保湿がもっとも大切だからです。そのため肌を刺激する汚れは丁寧にキレイに落としながら、刺激の低い快適なものを選びながらうるおいを奪わないものを選びましょう。

まぶたを保湿するコツはワセリンを塗るタイミングにあり 

敏感肌に悩んでいる人なら、ワセリンという保湿剤を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは肌本来の機能を手助けするワセリンの役割や、ワセリンの効果的な使い方についてまとめています。

肌の機能のサポートするワセリン

ワセリンは副作用が少なく、皮膚科の治療でもよく使用される保湿剤です。あくまで肌の水分を逃さないようにする油分を補う成分なので、うるおいを与えた肌にフタをする役割といったイメージをもってください。

ワセリン使い方は乳液と一緒

ワセリンは水分の蒸発を防ぐのと同時に外部の刺激をシャットアウトする役割もあるので、ワセリンを塗った後では保湿のために与えた水分もはじいてしまいます。

そのためワセリンは、水分が十分に与えられた状態の肌に使うのが理想的です。ちょうど化粧水を塗ってから乳液を塗るという順番になぞらえるとイメージしやすいです。

ワセリン適度に塗るタイミング

基本的に入浴後から5分以内の肌に塗るのが適しています。また入浴以外でも洗顔などで、皮脂を落とした場合は同様にワセリンの油分で補う必要があります。十分に保湿をしてからワセリンを塗るようにしましょう。

さらに洗顔や入浴以外のタイミングでも季節や気候によっては乾燥が気になることもあります。そうした場合はぬるま湯を使いまぶたに水分を与えてからワセリンを使用することで、長くうるおいをキープすることができます。

まぶたのアトピーに化粧水と乳液は逆効果!

既にかぶれや湿疹といったアトピーの症状が出ているまぶたは、とてもデリケートな状態になっています。そのため、基本的に化粧水や乳液を与えるには適していません。

それに、化粧水や乳液は種類が多く、配合されている成分が把握しきれないところがあります。アトピー肌の場合、成分が把握できないと安全性が確認できません。

実際、化粧水や乳液には治療効果のような作用はあまり期待できません。そして、発赤、痒み、乾燥といった症状が出ている肌へ使用するメリットがあまりないというのが現実です。

そもそも一度炎症を引き起こした肌は治療薬を使って元の状態に戻す必要があります。化粧水や乳液、保湿剤を使ったスキンケアは予防であって治療ではないということをしっかり理解しておきましょう。

危険!自己流でステロイドをまぶたに使ってはいけい理由

ステロイドはアトピーや皮膚炎、気管支ぜんそくといった治療に処方される薬です。

主にアレルギー反応や炎症を抑える効果があります。しかし、ステロイドにもいくつか副作用が存在しています。そのなかでも深刻なのが緑内障の誘発です。

緑内障とは、眼球内の圧力が上がって視神経を傷つけてしまう病気のこと。緑内障には自覚症状が少なくステロイドを使用している場合は、専門的なチェックを定期的に受ける必要があるためです。

このようなリスクがあるため、ステロイドは自己判断で使用するのではなく、皮膚科の医師から指示された上で使用しましょう。

まぶたのアトピーの回復はあなた次第!

ここまででアトピーに悩んでいる人のために、避けたほうがいい美容成分やアトピー改善に取り入れたいワセリンを使うコツ、自己流の治療につきまとうリスクについて紹介してきました。

肌をいたわるつもりの行動が、むしろ肌にダメージを与えていたということも珍しくありません。そこでアトピーの改善に必要なのは正しい保湿の知識と丁寧なスキンケアです。

特にまぶたは皮膚のなかでもデリケートな部分なので、繰り返し継続的なケアをしていかなければなりません。そうはいっても状態によっては完治までの道のりがとても長いのがアトピーの特徴です。

じきに改善されるまでの期間は、体質と付きあっていくイメージで地道にケアを重ねていきましょう。

この記事の関連のページ