アトピー肌さんにも使える低刺激化粧水セレクション

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

発表!アトピー化粧水ランキング結果を見る

特集いちおしアトピー化粧水を使ってみました。詳しくはこちら

おすすめ!

アトピーの原因と対策

おでこのアトピーに悩む人は少なくありません。このページではアトピーの症状がでる原因やその症状を抑える方法について紹介していきます。

おでこにアトピーができる原因とは?

おでこにアトピーができる原因には、肝臓や腎臓で毒素の排出(デトックス)がうまくいっていないことが背景としてあります。

そのため、体の中に原因がある可能性が高いと考えられています。

デトックスがうまくいかないと起こる弊害

デトックスがうまくされないと、毒素は体内に残ります。そうなった場合、内臓が大なり小なりダメージを受けてしまうため、他の方法で排出しようとします。

肝臓や腎臓で毒素の排出ができなかった場合、残った毒素は皮膚から排出されていきます。

このときに、皮膚が毒素の影響を受けてしまいかゆみや炎症が発生。これが、アトピーが発症する原因のひとつと考えられています。

食毒による悪化

食毒(しどく)はアトピーを引き起こす可能性が高いものなので、気をつけたいところでしょう。

気をつけるべき点は、砂糖・果糖の過剰摂取。甘いものや果物を食べ過ぎるのは控えましょう。また、甘いもの以外でも食べ過ぎはアトピーを悪化させてしまいます。

ちなみに、アトピーになる要因は、上記だけではありません。意外かもしれませんが、脳もアトピーに関与しています。脳も毒素を排出しているのです。これが、頭蓋骨にあるわずかな隙間から漏れ出て、皮膚から排出されます。

特におでこや髪の生え際は毒素の排出部分にあたるので、アトピーの症状がでやすい箇所です。

おでこにアトピーができて悩む人は、脳が原因だという可能性も視野に入れておきましょう。

アトピーに負けない体づくり

免疫力が低い人は、活性酵素の排除がうまくできない傾向にあります。

この活性酵素が排除できないと、老化を早めるだけではなく、さらに免疫力も低下させてしまうのです。これらは、悪循環を生みアトピーへと問題がつながってしまいます。

水素水で体の内側からのケア

この問題を阻止するには、活性酵素を排除し、アトピーに負けない強い体をつくる必要があります。

ここでおすすめしたいのが水素水です。水素水は抗酸化作用が高いため、活性酵素の排除に有効です。

ちなみに、活性酵素はストレスの影響でも増えてしまうので、体調管理だけでなく、精神的な面の管理も忘れずに行うようにしましょう。そうすることで、アトピーを防ぐことも可能となります。

他にも、食生活にも注意して、脂肪分を取りすぎず、必要な栄養素が不足しないように気をつけることも大切です。

腸活で内側から改善

アトピーの原因のひとつとして体の免疫システムが異常をきたしてることが挙げられます。

この免疫システムの以上というのが腸内環境と深い関わりがあると最近の研究でわかりました。

善玉菌を増やすのに効果的な味噌や納豆などの発酵食品を摂取することで腸内環境を改善していくことができます。

アトピーと腸活の関係性や腸活の方法などについて知りたい人は下記のサイトをご覧ください。

アトピー改善へ腸活の可能性

体の外側からのケア

また、塩風呂も効果的です。方法はお風呂に塩を入れるだけ。温度は約38度、時間は15~30分程度入浴しましょう。塩の量は、目安は大さじ3杯程ですが、症状にあわせて調整してください。

体の内からも外からもしっかりとケアしてアトピーに負けない体づくりをしましょう。

日常生活にも肌の負担をかける行動があった!

人は生きていれば、色々な生活習慣を持つようになります。実は、その生活習慣によってアトピーが悪化するケースがあるかもしれません。

おでこにアトピーができる人は、化粧品や前髪、洗髪洗剤の影響を受けている恐れがあります。

化粧品・前髪

おでこのアトピーを気にして、ついついおでこを隠そうとファンデーションやコンシーラーで目立たなくする。また重たい前髪をつくって隠すことはよくあると思います。

しかし、そういった化粧品や前髪の刺激によってアトピーは悪化してしまいます。特に化粧品は界面活性剤や防腐剤を使用しているものもあり、肌への負担が大きいので注意が必要です。

シャンプー・リンス

アトピーのおでこはバリア機能が低下し、シャンプーやリンスに含まれる界面活性剤や添加物が入り込みやすくなっています。

そのため、刺激が強すぎてアトピーの症状が悪化してしまいます。できるだけ、おでこにシャンプー・リンスが付着しないように洗い流さなければなりません。

悪化させないための対策方法

おでこのアトピーを悪化させないためには、第一におでこを刺激しないことです。そのために洗顔や洗髪方法を見直しましょう。

洗顔方法

基本はとにかく「やさしく」することです。

  • 洗顔剤をよく泡立てる
  • 脂分の多いTゾーンから洗いはじめる
  • 頬や目の周りは乾燥しやすいので最後に洗う
  • 泡が肌に乗っている時間は45秒
  • ぬるま湯でしっかりすすぐ

ゴシゴシとこするのは、ご法度。やさしく泡でなでるように洗いましょう。

シャンプーハットを使おう

髪を洗うとき、どうしてもシャンプーやリンスがおでこについてしまいます。そういうときはシャンプーハットを使うという手もあります。

シャンプーハットは子供のものというイメージがあるかもしれませんが、育毛や介護の現場で大人用のシャンプーハットも利用されているようです。

安心して洗髪するために使用してみることをおすすめします。

シャンプーの選び方

シャンプーを選ぶときは、成分表示を確認しましょう。

特に、界面活性剤は洗浄力・脱脂力を強くするために配合されている成分なので、全く皮膚にダメージがないとはいえません。代表的な界面活性剤を紹介します。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

上記の界面活性剤は、肌に強い刺激を与えます。シャンプーをしていて、スッキリ感を人に感じさせる成分です。

しかし、そこまでの刺激がなくても十分に髪はきれいになりますので、アトピーの方はこれらの成分を避けることをおすすめします。

保湿をしっかりと

洗顔やシャンプーを使った後はしっかりと保湿をしましょう。

アトピーの肌はただでさえ乾燥しやすいのですが、洗顔剤やシャンプーはその状況にさらに追い打ちをかけてしまいます。

さらに、乾燥した状態は外からの刺激に弱く、症状の悪化につながることでしょう。

また、かゆみも発生するので「思わずかいてしまった」なんてこともあります。かゆみに耐えるストレスから解放されるためにも保湿を行うことが大切です。

この記事の関連のページ